お尻の黒ずみ お風呂

知らなかった!お尻の黒ずみにつながるお風呂でのNG習慣

普段は気付かなくてもお風呂に入ると、お尻の黒ずみに気がつくことがあります。
鏡にチラッと映った後ろ姿で、ドキッとすることってありますよね?

 

ふとした時に気が付いたときのショックは、計り知れません。
実は、顔と同じくらいにお尻の肌トラブルで悩んでいる方が少なくありません。
だからこそ、お尻も同じ様にしっかりケアしてあげることが必要です。

 

そもそも、お尻の黒ずみの原因は何なのでしょうか。
一番多いとされているのが、お尻のニキビ跡が黒ずみになってしまうパターンです。
お尻は、想像以上にダメージを受けるデリケートな部分といえます。
そのため、ニキビが出来やすい部分なのです。

 

それでは、お尻の黒ずみには、どのようなケアが必要なのでしょうか。

 

洗浄力の強い洗剤や、ボディソープで、ゴシゴシ洗えば良いと思われるかもしれません。
これには、正しい解釈と間違った解釈が隠れているのです。

 

洗浄力の強い洗剤は、確かに洗う力は素晴らしいのです。
その反面、肌には余計なダメージになってしまいます。
しっかり洗った後は、洗剤などが残らないようにきちんととすすぎましょう。

 

もちろんゴシゴシ擦るのは止めた方が良いのは当然です。
優しく、泡でなでる様に洗うのが良いでしょう。

 

また、お風呂に入る際に気をつけたいのが、お風呂の椅子です。
椅子に腰掛けて、洗髪などを行う人も多いでしょう。

 

しかしこれでは、身体についたシャンプーが下に流れお尻のほうに溜まります。
すると肌の湿疹や、炎症の原因となってしまうのです。
言われてみれば当然のことですが、つい油断してしまいますよね。

 

お風呂での習慣が、お尻の黒ずみに悪い影響を与えることがあります。
ボディソープも固形石鹸に変えて、しっかり泡立てて使うのが良いでしょう。

 

もちろん、日頃の生活習慣にも気をつけるのは当然のことです。
できることから少しずつ、お尻の黒ずみをケアしましょう。