お尻の黒ずみ レーザー

お尻の黒ずみ対策に効果的 レーザーピーリングの仕組み

レーザーを用いた治療といえば、脱毛処理を想像される方も少なくないでしょう。
医療機関だけが使用を認められているレーザーには、脱毛以外にも活用方法があります。
お尻の黒ずみを始めとして、皮膚の色素沈着などの治療を目的とするものがあります。

 

皮膚の色素沈着を治療するのが、レーザーピーリングです。
古くなった角質を、レーザーの力によって取り除きます。
代表的なものに、「ケミカルピーリング」という治療方法があるのです。
これには、特殊な薬剤を利用してお尻をケアしながら黒ずみを解消してくれます。

 

もちろん、薬剤を使わないで治療を試みることもあります。
「レーザーピーリング」と呼ばれるものです。
ピーリングと名が付いているだけに、イメージしやすいのではないでしょうか?
アトピーやアレルギー症状の出る方でも、施術が可能となります。

 

しかし、ごくまれに光にアレルギーが出てしまう人もいるのです。
このような方は、お尻の黒ずみ対策にレーザーピーリングを受けるとは限りません。
あらかじめ皮膚科医に相談するのが安心です。

 

レーザーの根本的な違い

 

脱毛レーザー

クリニックによっては、脱毛とピーリングで異なるレーザーを使っているところもあります。
また、レーザーの出力を調整して照射を行っている場合もあるのです。

 

脱毛レーザーの場合、黒い色素に反応する威力の強いレーザーを照射するのです。
これにより、毛根ごと毛にダメージを与えます。
つまり、強力なレーザーでメラニンが存在する毛根に作用させるのです。

 

レーザーピーリング

レーザーピーリングの場合は、照射作用が弱いものです。
脱毛レーザーに比べてソフトなタイプのレーザーとなります。
だからこそ、デリケートなお尻の黒ずみを取り除くのに適しているのです。

 

ソフトなレーザーの照射は、真皮の毛細血管に光の刺激を与えることで角質を除去できるのです。
さらにこのレーザーは、美肌に欠かせないエラスチンとコラーゲンの生成を促します。
古い角質を取り除けば、肌のターンオーバーが正常になっていきます。
これで、肌の再生能力をサポートできるのです。

 

ピーリングは、肌の再生を早くなるように促す方法です。
術後は、自然治癒にまかせることも大切になります。
お尻の黒ずみに悩んでいるなら、皮膚科に相談してみて下さいね。